現代レンズでは表現できない味のある描写が体験できるロシア・東欧製レンズ。もちろん現行レンズにひけをとらないレンズもたくさんあります。何と言っても国産レンズの1/3~1/5程度の価格で購入できるレンズでこんなにきれいな写真が撮れるのは魅力的です。いろいろとレンズを付け替えて楽しんでみたくなります。それではじっくり作例をご覧ください。

 

Russian Lens Galleryでは、お客さまから募集した当店の改造レンズによる作例を紹介しています。メールにて是非ご応募下さい。

※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。



HORIZON初期型 Photo by kiyoyuki higuchi  
f11 1/30
三脚
f11 1/30
三脚
f16 1/125
手持ち
DATA
Camara:HORIZON初期型
Film:FUJI RVP F

COMMENT
非常に良く写りますが、もう少しシャープネスが欲しいといった印象。高山植物の群落など、被写体を選んで使いこなすのは腕次第ですが、手持ちでは1/125が限界。油断すると一枚目の作例のように指が写り込んでしまいます。やはり三脚に載せてレリーズを使用するのがベスト。ベルビア50や100フィルムを使用するともっとシャープに写るのではないでしょうか?


OPTICAL LENS 60mm/f8 Photo by H&N  
f8 1/100
f8 1/100
f8 1/100
DATA
Camara:HOLGA120CFN
Film:FUJI RVP 100

COMMENT
説明書ではシャッタースピードが1/100秒となっているが、実際は1/500秒くらいで切れているようなので、ASA100使用なら、必ず快晴の日に撮りたい。どうしてもお日様が出てないに日に撮るなら、ASA400が必須になる。撮影結果を見ると、どれも四隅がドスンと落ち込んで、周辺がぼわっと滲んだ感じに写った。このレンズの持ち味のようだ。しかし、順光では高彩度で、想像していたより中心のピントがシャープなのには驚いた。被写体を選べば、誰でも簡単に幻想的な画像を得ることができ、他のカメラでは撮れない写真が撮れるのでとても楽しい!今回の撮影で、HOLGA WORLDにどっぷりとはまってしまったようだ。今度は是非人物を撮ってみたい。次回の撮影が待ち遠しい。


SONNAR 180mm/f2.8 Photo by kiyoyuki higuchi  
f8 1/60
f16 1/125
f22 1/30
DATA
Camara:KIEV-88CM
Film:FUJI RVP 100

COMMENT
このレンズは、大口径で単にシャープであるばかりでなく、発色も奇麗で階調も豊かです。BIOMETAR 120mm/f2.8と比較すると、シャープネスに勝り、後者の方が階調が深いようです。これは被写界深度のさだと思われます。東北の柔らかい曇り空の下で作品作りに期待の持てるレンズです。


PCS ARSAT-H 35mm/f2.8  Photo by Koichi Motomura    
ハウステンボス全日空ホテルレストランより 
f8 1/250
DATA
Camera:Nikon FM2(旧)
Film:Ekatachrome 200

COMMENT

このレンズは、マルチコーティングでありませんが、特別の主張はなく、蒸留した純度の高いウオッカのような感じです。逆光には弱いので、出来ればシェ-ドを併用すべきです。シフトせずに使うときはCokinのシェードとアダプターを付けています。シェードを付けたままシフトすると、10ミリを越えたあたりで周辺に「ケラレ」がでます。太陽などを画面に入れない場合、標準レンズの代用として十分に使えます。カラーの濁りがない描写は魅力です。精密なピントはニッコールを超えています。


MC FLEKTOGON 35mm/f2.4  Photo by kiyoyuki higuchi    
f5.6 1/60
f5.6 1/60
f5.6 1/125
DATA
Camara:---
Film:FUJI Velvia 100

COMMENT
しっとりとした情感が出るよう雨の日に撮影しました。
前ボケや背景のボケが素晴らしい。また赤い花の発色が非常にきれい。
撮影場所:西木村、田沢湖町


BIOMETAR 120mm/f2.8 Photo by kiyoyuki higuchi  
f16 1/60
f16 1/60
f16 1/60

DATA
Camara:KIEV-88CM
Film:FUJI RVP 100

COMMENT
いずれも中コントラストの柔らかな、この土地特有の空気感が表現できていると思います。
撮影場所:田沢湖沿岸、乳頭温泉(ブナ材)



JUPITER-3 50mm/f1.5 Photo by masayuki yashiro  
待ち合わせ
f2 +1/3補正 
1/8
演奏終了後
f1.5 +1/2補正 
1/15
人待ち
f4半 +1/2補正 
1/30

DATA
Camara:LEICA M6TTL
Film:Kodak PORTRA 400BW

COMMENT
「待ち合わせ」特に薄暗い一角。シャッター速度1/8秒は、手持ちで切れる限界以下だと思ったが、2枚のうち1枚は何とか撮れていた。しかし、引き伸してみると手ぶれがあったようだ。
「演奏終了後」被写体のすぐ横に街灯があるため、盛大なフレアーとなった。これが演奏後の余韻のような感じになった。
「人待ち」露出補正を+1/3増す。ジュピター3の良いところが出ているようだ。



HORIZON-202 Photo by 四畳半  
祭り
f2.8 1/8(手持ち)

DATA
Camara:HORIZON-202
Film:Kodak Tri Xpan 400を3200に増感

COMMENT
ISO400フイルムをISO3200まで増感し、シャッター1/8で手持ち、絞りF2.8(開放)で撮影しました。首振りカメラの中では、レンズも明るくシャッタースピードの切替も6段階あるので、撮影の幅に余裕があり、初心者にも入りやすいカメラだと思います。この厳しい条件で今回のような写真が撮れたのは、HORIZONの優れた性能のお陰だと思います。



MIR-24M 35mm/f2 Photo by Hiroshi Yamagata  
銀座の街角
f2/AE
---
f8/AE

DATA
Camara:PENTAX LX(作例左) EOS-1V(作例右)
Film:FUJI RDP III

COMMENT
夏の逆光、日影の光を使った。柔らかい描写が気に入った。



INDUSTAR-22 50mm/f3.5 Photo by Hiroshi Yamagata  
千羽鶴 
f3.5/AE

DATA
Camara:KONICA HEXAR RF
Film:FUJI RDP III

COMMENT
シャープネス、発色共に文句なし。周辺口径食はやむを得ないところ。



MC RUBINAR MACRO 300mm/f4.5 Photo by Hiroshi Yamagata  
f4.5/AE
f4.5/AE

DATA
Camara:PENTAX LX(作例左) PENTAX 645(作例右)  
Film:FUJI RDP III
Other:PLフィルター(作例右)

COMMENT
---



JUPITER-3 50mm/f1.5  Photo by 四畳半  
 組写真「夜祭」  
f2.8 1/60
f2.8 1/60
f2.8 1/40

DATA
Camara:Leica IIIa,BESSA-R
Film:FUJI NEOPAN 400

COMMENT
夜写真や暗い時には、明るさをかせぐにはもってこいのレンズ。開放付近では、やわらかい感じで写るのが面白い。



JUPITER-12 35mm/f2.8  Photo by 四畳半  
 組写真「豊島寸見」  
f16 1/125
f11 1/125
f16 1/125
f16 1/250

DATA
Camara:Leica IIIa
Film:FUJI NEOPAN 400

COMMENT
35mmレンズの中では特に後玉が出ているデメリットがあるが、開放値がf2.8と明るく、被写界深度も深いレンズなので、いつも絞りはf16で、距離は1m~∞にしてパンフォーカスで使用している。思った時にシャッターを押すだけなので、スナップでは便利なレンズと言える。



Tessar 50mm/f2.8  Photo by Masahide Tabata  
Sleeping Tom
f5.6半
Driving Tom
f5.6
A small motorcycle gangster
f11
Motorcycle gang
f11

DATA
Camara:PENTAX MZ-M
Film:Kodak plus X pan,Kodak T-Max 400,ILFORD HP5

COMMENT
50mmは、非常に軽く何はともあれボディに付けているといったレンズです。他の標準レンズと比較した経験が少ないのですが、プリントし易い気がします。



MC JUPITER-9 85mm/f2 Photo by Masahide Tabata  

Beside the waterfall
f16

Parent and child
f8
Tattoo of Orang
f4

DATA
Camara:PENTAX MZ-M
Film:Kodak plus X pan,Kodak T-Max 400,ILFORD HP5

COMMENT
85mmは、人物ポートレイトによく使っています。明るいF値では、ピント合わせを容易にし、作例写真には含まれていませんが、綺麗な円形ボケは幻想的な雰囲気を演出します。絞れば、キリッとした像を結びます。



MC BIOMETAR 80mm/f2.8  Photo by Masahide Tabata  
Tor in his guesthouse
f8
In a cafe
f4
A young motorcycle gangster
f11
Releasing a bird for tanbun
f16
Late afternoon
f8

DATA
Camara:PENTACON SIX TL
Film:Kodak plus X pan,Kodak T-Max 400,ILFORD HP5

COMMENT
PENTACON SIXは、中判カメラにしては比較的軽く、少しでも荷物を軽くしたい旅行にも気が滅入らないでしょう。かつ、ウェストレヴェル・ファインダーは、おじぎして被写体と向かい合うため、余計な威圧感を与えず、自然な表情を引き出すのを手助けしてくれます。故に、Biometer 80mm との組み合わせは、現在の私のメイン機材となっています。



MC ZENITAR-M 16mm/f2.8  Photo by Michio Kaneiwa  
昼下がりの新都心
f11 1/250秒
ファミリー
f11 1/250秒
皇居の桜
f11 1/250秒
夜 桜
f11 8秒
新緑1 
f8 1/250秒
新緑2 
f11 1/250秒
DATA
Camara:COSINA C1s Film:FUJI SUPERIA400(Kodak paper)Other:-----

COMMENT
フィッシュアイMC ZENITAR-M 16mmは、等距離射影の魚眼レンズなので、一般の超広角レンズより画像周辺部の人物の歪みを小さくすることができる。 周辺光量落ちはなく、見たとおりに写る。例:『昼下がりの新都心』。ZENITAR16mmの水平画角は137°で、明るさもf2.8と明るく、なかなか使い勝手の良いレンズである。


MC FLEKTOGON 35mm/f2.4  Photo by Michio Kaneiwa  
アゲハチョウ
f2.4 1/1000秒
ブーゲンビリア
f2.4 1/250秒
たばこ
f2.4 1/250秒
DATA
Camara:COSINA C1s Film:FUJI SUPERIA400(Kodak paper)Other:-----

COMMENT
ツァイスの広角レンズは、ヘリコイドの繰出し量が多いので、1本のレンズでマクロレンズのようにも使え、重宝している。前後のボケは『アゲハチョウ』の例で見るように、大きく素直である。


JUPITER-12 35mm/f2.8  Photo by 朱達 基輔  
春の新宿御苑
f5.6 1/250秒 
DATA
Camara:Leica M3 Film:FUJI SUPERIA200 
Other:MC リニアPLフィルター、フード着用

COMMENT
生憎の花曇りでヘイズがかかったが、このレンズのコントラストの高さに救われた。ピントは8mあたりに合わせ、f5.6に絞り込んで鮮鋭度向上を狙った。十分な被写界深度が得られれば、それ以上に絞ってはいけない。回折により画質低下を招いてしまう。現在、最も好きなレンズの一つである。


Industar-22 50mm/f3.5 沈胴式  Photo by Michio Kaneiwa  
外 濠
f8半 1/125秒
オフィスの椿
f3.5 1/500秒
新都心
f8半 1/250秒
午後の仕事へ
f8半 1/250秒
アフガン
ハウンド
f5.6 1/250秒
DATA
Camara:BESSA-R Film:FUJI SUPERIA400(Kodak paper)Other:-----

COMMENT
この年代のレンズは、輝く水面などを写すと映画の1シーンのように、きらめきを表現してくれる。コーテッドレンズなので、逆光でもそれほど心配はない。ボケ味も滑らかで、もっと見直されても良いレンズだと思う。


MC HELIOS-44M-6 58mm/f2  Photo by Michio Kaneiwa  
神楽坂の歩行者
f4 1/500秒
ベアルックの女性
f2 1/60秒
マネキン
f2 1/500秒
DATA
Camara:COSINA C1s Film:FUJI SUPERIA400(Kodak paper)Other:-----

COMMENT
58mmなので、MF一眼レフに付けると、等倍ファインダーになる点が良い。 マルチコートでコントラストに優れ、良いレンズ。
   
ページトップ